「茂塾」での社会人基礎力とは

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

私たち「茂塾」では大学受験を通して、社会人として当たり前のこと。つまり、「社会人基礎力」を大切にしてそれを培ってもらっております。

「勉強ばかり出来るのは半人前」「挨拶が出来てこそ一人前」なのです。

 

それでは、「茂塾」での「社会人基礎力」なるものをご紹介いたします。

1.前に踏み出す力

前に踏み出す力とは、「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」のことです。企業の規模に関わらず、この能力を最も重視する企業が多いのが事実です。前に踏み出す力は、さらに次の3つの要素に分解されます。

・主体性:物事に進んで取り組む力

・働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

・実行力:目的を設定して確実に行動する力

仕事に限らず、受験でも必要となる要素ばかりですよね。人に言われる前に、自ら進んで勉強する主体性は欠かせません。また、目標となる志望校を決めて、合格を目指して勉強する実行力も必要です。時には友だちや先生などを巻き込んで勉強を進めることも大切です。

新しいことにチャレンジし続けなければならないのが仕事というものなのです。前に踏み出し続ける人というのは、必ず成長をします。このような能力をもつ人材が求められるのは、当たり前と言えるでしょう。

2.考え抜く力

考え抜く力とは、「疑問をもち、考え抜く力」のことです。考え抜く力は、さらに次の3つの要素に分解されます。

・課題発見力:現状を分析して目的や課題を明らかにする力

・計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにして準備する力

・想像力:新しい価値を生み出す力

新入社員というのは、特に課題発見力が不足すると言われています。受験勉強においても、課題を意識せずにただ量をこなすだけで満足している生徒が多いものです。「解けなかったら問題を解けるようにする」のが受験勉強の鉄則です。今のうちから自分の弱点を探し、それを克服しようという意識をもつようにしましょう。

課題を発見したり、その解決方法を考えたりするためには、その土台として「物事を論理的に考える力」が不可欠となります。日頃から「どうして?」と考える癖をつけておくことが大切です。そのためには、理数系科目や現代文を勉強するときに論理的に理解することを意識しましょう。

3.チームで働く力

チームで働く力とは、「多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」のことです。特に中小企業においては、この力が重視されています。チームで働く力は、さらに6つの要素に分解されます。

・発信力:自分の意見を分かりやすく伝える力

・傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力

・柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力

・状況把握力:自分の周囲の人々や物事との関係性を理解する力

・規律性:社会のルールや人との約束を守る力

・ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

チームで働くときは、周りとうまくコミュニケーションをとる能力が必要不可欠となります。その土台となるのが「発信力」と「傾聴力」です。さらに今後いっそう大切となるのが「柔軟性」です。意見や立場の違いに限らず、今後は文化や価値観が異なる人とも一緒に働くケースが増えてくるからです。

 

ご参考までに。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------