大学受験は英語で決まります

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」では、平成29年12月29日(金)~平成30年1月3日(水)の6日間に、【冬期集中特訓】を開催いたします。ただし、平成30年1月1日(月)は、休塾日といたします。

受験学年の生徒については、最後の踏ん張りどころとなります。

勉強した内容は、1日で約72%を忘れると言われております。自分自身への自信に繋げるために、また、志望大学合格のために、ひいては自分のために勉強していることを自覚して勉強に取り組んでほしいと思います。

 

気になる記事がありましたので、記載したいと思います。

高校の生物で、重要用語を現在の2千から4分の1に減らすべきだとする指針を生物科学分科会がまとめたようです。生物科学の急速な進歩を背景に、生物で学ぶ用語は物理、化学など他の理科科目に比べて多いのが現在のところです。それに伴い、大学入試の選択科目として敬遠される傾向は強まっております。

専門家らが学術論文での使用頻度などを基に、重要語512語に絞り込み、9月に発表しました。例えば、動物の分類では「脊椎動物」や「節足動物」は残しましたが、「環形動物」は除外。病名は「がん」や「糖尿病」の2語だけ残して「エイズ」は外しました。実験器具の名称や研究者の個人名も残しませんでした。

生物というのは暗記中心ではなくて、考えて学ぶ意欲がかき立てられる学問だと伝えたいようで、2018年春の国の学習指導要領改訂に合わせて、教科書に反映されるかもしれませんね。

 

さて、現在の高校2年生・高校1年生にとって、大学受験は英語で決まると言っても過言ではありません。大学入試では、英語を必須科目としている学校が多く、また配点も高く、英語は大学受験の最重要科目なのです。英語ができれば大学入試は非常に有利になり、「大学受験は英語で決まる」と言っても、決して言い過ぎではないのです。

受験勉強を始めるなら、まずは英語から始めることです。

英語は、英単語が単独で、あるいはそれらをいくつか組み合わせて文を作り、意味をもつものです。

また、いくつかの英単語が組み合わさって一つの意味をもつ決まり文句が英熟語なのです。英語の点数を伸ばしていくためには、まずは英単語と熟語を覚えていかなければなりません。

高校生のほとんどは、大学入試レベルの単語・熟語集から勉強を始めようとしますが、英単語・英熟語の勉強というのは、中学校で勉強する高校入試レベルの英単語・英熟語、高校1・2年生で学ぶ英単語・英熟語から勉強していくことが必要です。

なぜなら、進学校と呼ばれる高校に通っている生徒でも、高校入試までに覚えておかなければならない英単語・英熟語の知識が抜け落ちてしまっている人がおります。推薦入試で合格した生徒の中には、それを覚えないまま高校に進学してしまった生徒もいるでしょう。高校3年生になって、高校2年生・高校1年生の時に身に付けておかなければならなかった英単語・英熟語が身についていないと間に合うものも間に合いません。

しかも大学入試問題で使われる英単語と英熟語は、実は、中学校から高校1年生までに学ぶものがほとんどなのです。

しかし中学校や高校2年生・高校1年生で勉強する英単語や英熟語は大学入試レベルの英単語・英熟語集には、当然に覚えられているものとしてのっていません。

だから、大学入試レベルの英単語・英熟語集を勉強する前に、中学校と高校2年生・高校1年生で覚えておかなければならない英単語と英熟語をまとめた基本的な単語・熟語集から勉強する必要があるのです。

いきなり難関大学の入試レベルの英単語や英熟語がのっている大学入試レベルの英単語・英熟語集を勉強したのでは、志望校に合格する力というのはついていきません。

 

「茂塾」で、毎回行っているテストには、意味があります。しっかりと合格点以上をとり、残る勉強をしていってください。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------