ステップアップ型増加

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

ある調査によると、九州7県と沖縄、山口両県の主要55大学のうち、立命館アジア太平洋大学が総合得点で5位に浮上したようです。首位は調査開始から11回連続で九州大学でした。このほか、熊本大学が熊本地震の復興活動で認知度を上げたようです。

8月にネット上でアンケート調査を実施しました。対象地域に住む20歳以上の会社員ら2774人から回答を得ました。「地域産業に貢献している」や「基礎学力が高い」といった大学や在学生へのイメージ49項目を測定して、偏差値として大学ブランド力の総合得点を算出しました。

九州大学は調査を始めた07年から総合得点で首位を維持して、「時代を切りひらいている」や「一流感がある」を含む24項目で首位でした。

以下、九州・沖縄・山口の主要大学のブランド力ランキングです。

1.九州大学

2.熊本大学

3.福岡大学

4.西南学院大学

5.立命館アジア太平洋大学

6.九州工業大学

7.九州産業大学

8.長崎大学

9.琉球大学

10.鹿児島大学

「茂塾」の卒業生が入学した大学や現受験生が志望している大学がランクインされておりますね。

 

さて、20代後半のフリーター経験者の4割が大卒・大学院修了者であることが、2016年の調査で分かりました。11年の前回調査おり13.4ポイント増加して、高学歴化が鮮明となりました。「資格取得などのために一時的にアルバイトなどで生計を立てる『ステップアップ型』が増えているようだ」と分析しております。

大卒・大学院修了者の割合は01年の11%から増え続け、16年は40.6%となりました。大卒者が増えて、労働市場での価値が下がっていることも影響しているとのことです。

一方、高卒は01年に43%だったのが16年は18.7%に低下しました。専門学校・短大・高専卒は16年が24%で、これまでの調査では2~3割台で推移しております。

フリーターになった最大の理由については、「就きたい仕事のための勉強や準備、修業期間」が男性22.2%、女性15.1%で、男女とも最多でした。資格取得を目指した時期や海外留学の前後などにフリーターを経験していたようです。

ステップアップ型のフリーターが増えて、高卒中心というこれまでのフリーター像とは異なってきております。従来の職業訓練ではあまり想定していなかった高学歴者の職業能力形成をどうサポートするか、政府は検討するべきでしょう。

調査ではフリーターから正社員になった男女割合も分析しました。男女は77.4%が正社員になろうと試み、そのうち正社員になったのは6割強。

女性は66.0%が正社員を目指して、実際になったのは4割でした。

 

ご参考までに。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------