国語は古文・漢文から②

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日の「茂塾」も遅くまで生徒が残り、自分の勉強をしておりましたね。

保護者の方におかれましては、本当に遅くまでお迎えに来ていただき、心から感謝申し上げます。既卒生、高校3年生については、この12月が勝負です。気を緩めることなく、しっかりと残る勉強の定着をさせてください。

世界の発明王トーマス・エジソンはこう言っております。

「天才とは1%のひらめきと、99%の汗である」

名言として、皆さん聞いたことがありますよね。一般的にこの名言には、「良い結果を出すには努力が大切で、あとはほんの少しの幸運に恵まれればいい」と解釈されております。

そもそもひらめきとは、努力の積み重ねなしには生まれないのかもしれません。

エジソンの有名な発明品の1つに白熱電球があります。当時、すでに電球は発明されておりましたが、点灯してしばらくするとフィラメントが燃え尽きてしまうために、実用化はされておりませんでした。

そこでエジソンは、フィラメントの素材を取り替えながら、1万回以上も実験を実施したのです。

その結果、木綿糸を炭化したフィラメントで40時間の連続点灯に成功しました。

さらに実験を続けて、日本の竹を使ったフィラメントで1,200時間の点灯に成功して、実用化に弾みをつけました。

このエピソードで注目すべきは、なぜ木綿糸や竹という素材に目をつけたのかという点でしょう。木綿糸や竹で実験したのは決して偶然ではないのです。

実は、エジソンがこの実験のために用意した素材というのは6,000種類以上だったのです。とにかくありとあらゆる素材で何度も実験を重ねて、一つひとつが失敗しては消えていった結果、木綿糸や竹に巡り合ったのです。

エジソンがあらゆる選択肢を考慮に入れたこと、そしていつ成功するのか分からない実験のために、労を厭わずに素材を試し続けたことが驚くべきことでしょう。

消去法で正解にたどり着くために、誰よりも選択肢を増やして、誰よりも実験回数を増やす。そこにエジソンの偉大さがあるのだと思います。

努力を惜しまずにできるかどうか。それが良い結果を出す人とそうでない人の、本当の差ではないでしょうか。

 

さて、古文以上に点数が取りやすいのが漢文です。漢文で出題されるのは基礎的な問題ばかりで、基本をおさえてしまえば、満点を取ることも決して無理な話ではありません。

「時間がないから漢文は捨ててしまう」「漢文まで手が回らない」という生徒がおりますが、漢文ほど確実に点が取れる科目はなく、得意科目にすることはできるのです。

漢文は、入試の出題パターンが決まっていて、覚えておくべきこともそんなに多くはないのです。漢文の問題を解けるようにするためには、まずはレ点や上下点といった返り点、再読文字や反語など、漢文を読んでいくのに必要となる句法を覚えていかなければなりません。

勉強法としては、まずは例文を声に出して読み、それを暗記するまで繰り返し、そこで用いられている句法を理解して、意味を確認していきます。漢文の勉強では、漢文を書き出し文にして読めるようになり、次にその意味が分かり、内容を理解できるようにしなければなりません。

句法を覚えたら、問題を解く際に、それをどう当てはめていくのか。問題を解くコツを身に付けていかなければなりません。問題を解き、答え合わせをする時には、単に、答えが合っていた、間違っていなということだけでなく、解説をしっかり読んで、一つでも多くの知識を吸収していきましょう。

センター試験や受験する大学の過去問も解いていかなければなりません。過去問については出来るだけ早いうちに解いていくことが必要です。

文系の生徒でさえ、国語の勉強は、後回しにしがちです。センター試験だけで国語を受験しなければならない理系の生徒なら、なおさらそうです。

「茂塾」ではそういった生徒のために、必ず週1回はみっちりと国語の勉強をする時間を確保して、講座を設けております。1週間のうちに、国語の勉強を定着させる時間を作ること、自分のための勉強をする際は、国語の勉強も継続して実施していくということを決めていけば、古文・漢文の勉強をおろそかにすることはありませんので。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

【 冬期集中特訓 】

平成29年12月29日(金)から平成30年 1月 3日(水)

※平成30年 1月 1日(月)は完全休塾日

今年度最後の【集中特訓】をやり抜いて、小さな成功体験を積み上げて、しっかりと自分の自信へ繋げてください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------