勉強への意識を変えること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

高校生の皆さんがぶち当たる受験勉強の最初の壁。それは、学校の勉強と受験勉強とを、どう両立させたらいいかという問題です。

「茂塾」の生徒からも、「受験勉強をしようと思っても、学校の勉強の予習や復習に追われて、また週末にはたくさんの課題が出されて自分の勉強ができない」という相談が多く寄せられております。

しかし、たとえ進学校に通っていたとしても、学校の授業とそこで配られる教材を勉強しただけで志望校に合格するのは無理なのです。

公立高校の場合、学校の先生というのはいつも進学校にいて受験指導をしているわけではなく、「受験のプロ」ではありません。なかには、たくさんの課題を与えていれば合格に必要な知識が身につくと錯覚している先生もいるようで、どう考えても週末の休みだけでは処理できないほどの膨大な課題が生徒たちに出されているのです。

皆さんは、そのような環境の中で学校の授業が受験に使えるものかどうかを見極めなければなりません。高校では、予備校や塾のように、生徒の支持がなければ先生が交代させられ、辞めさせられてしまうことはありません。そのため、先生によって「当たり、はずれ」があるのです。ですから、授業を受ける側の皆さんが、授業を取捨選択していかなければならないのです。

予習というのは、最低限必要なことだけをすればいいのです。

コミュニケーション英語などは、教科書の英文を事前に訳してくるよう課題が出されます。それには予習が必要になるかもしれません。授業中に指名されて、みんなの前で訳させられることもあり、「予習に時間がとられて大変」という生徒からの声をよく聞きます。

英語の予習は、「精読」「速読」の訓練の一つと割り切って勉強して、また、そこで登場した英単語や熟語、文法や語法の知識はしっかりと身に付けて、授業で勉強した英文については、それが訳せるようになるまで、繰り返し復習すればいいのです。

それはもちろん、受験に役に立ちますから。

予習が特に求められていない科目については、授業をしっかりと聞いて、必要があればその日のうちに復習して、あとは定期テスト前に集中して勉強するようにすればいいでしょう。

予習は必要最低限のことだけをして、出来る限り受験勉強に専念することが大切なのです。

 

高校での勉強は、中学校のときとは大きく異なります。この違いを知らないことが原因で、成績を下げてしまう高校生がとても多いようです。

中学校との最も大きな違いは、勉強すべき量が格段に増えて、内容も難しくなるということです。体感としては、高校での勉強量は中学校での勉強量の5~10倍ほどになります。

そのため、定期テストの対策は早く始めて、受験勉強については早めから意識して勉強しなければ間に合わないのです。

「茂塾」の生徒たちのように、「高校の勉強は時間が必要なのだ」と認めて、意識を変えなければいけません。

日々の限りある時間の中で、いかに効率良く成績を伸ばすかを意識して、それに早く気づき、そして、実際に変わることです。

大切なのは、勉強への意識を変えることだと思います。

「茂塾」の既卒生・高校3年生はもちろんのこと、高校2年生・高校1年生は、勉強に関する行動を、早めに自発的に起こそうとする姿勢が感じられます。

そう、それが大事なのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

【 冬期集中特訓 】

平成29年12月29日(金)から平成30年 1月 3日(水)

※平成30年 1月 1日(月)は完全休塾日

今年度最後の【集中特訓】をやり抜いて、小さな成功体験を積み上げて、しっかりと自分の自信へ繋げてください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------