無駄なことに時間を費やさないこと

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

朝晩がめっきり寒くなってきてきましたね。「茂塾」の皆さんは風邪など引いてないでしょうか?

先日、ある既卒生が寒い中、廊下で音読復習をしておりました。

「寒くないですか?」との問いに、「外の空気を吸いたいので」と。

「茂塾」の生徒たちは、眠くなったら立ち上がり勉強をしたり、眠くならないように廊下で勉強をしたり。。。と、日々試行錯誤を繰り返しております。

あまりにも寒い日が続いているので、昨日は電気ストーブを購入して、廊下に置いています。

あまり暖かくならないように注意してくださいね。眠くなりますので。

受験勉強の天敵は、眠気なんです!

 

さて、大学進学を目指す生徒たちにとって、入試科目にない科目というのは、どう勉強するのか。志望大学の入試で出題されない科目は、どう勉強していったらいいでのでしょうか。

推薦入試での合格を狙っているのなら、通知表の評定が重要になります。よって、すべての科目について授業をしっかりと聞いて、定期テストで高得点を取ることが必要でしょう。

そうでないならば、学校の勉強に夢中になる必要はないと思います。定期テストの前に集中して勉強して、赤点を取らないようにすればいいのです。入試にない科目は、捨ててしまう勇気というのも必要かもしれません。

すべてを完璧にこなそうとすれば、いつか心が折れてしまう時がやって来ます。いま何を最優先にすべきはを考えて、優先順位をつけて勉強をしていくことが大切です。

宮崎県の高校生は特に首都圏の高校生に比べて、自分の勉強が出来ないほどに大量の宿題・課題を要求されます。また、課外などで拘束時間が長いのが特徴的です。

しかし、受験に使えるもの必要なものであったらしっかりと解かなければなりませんが、そうでないもの、入試科目にないものなら、無難にこなすのも悪いことではないのです。

提出が義務付けられている課題は、評価が悪くならない程度に、手を抜けるところは上手に手を抜いてやることも覚えておいてください。

また、現高校1年生については、入試までは高校1年生から勉強を始めても、実質3年もないことを頭に入れておいてください。しかし、それにも関わらず、勉強しなければならないことは、山のようにあります。限られた時間で行きたい大学に合格するためには、無駄なことに時間を費やしている余裕はないのです。

しかも高校生活では、受験勉強にだけ専念することはできません。定期テストもありますし、学校の行事や部活動に追われる時期もあるのですから。

だからこそ、行きたい大学に合格するためには、今何をやらなければならないのか、ということを基準にして物事を考えることが大切なのです。

勉強も、部活動も、学校行事も。。。

思いっきり高校時代を生き切ってください。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

【 冬期集中特訓 】

平成29年12月29日(金)から平成30年 1月 3日(水)

※平成30年 1月 1日(月)は完全休塾日

今年度最後の【集中特訓】をやり抜いて、小さな成功体験を積み上げて、しっかりと自分の自信へ繋げてください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------