受験勉強に無駄はない

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

12月もこれから中盤に差し掛かり、ライバルであった友だちは推薦入試の発表などで合否の決定がなされている人もいるかもしれません。

しかし、人は人です。「茂塾」の生徒は気を緩めずに最後の最後までやり抜く力を持っているはずです。「茂塾」での卒業生も言っております。

「受験を通して生まれ変わることができました。孤独に打ち勝つ勇気や自信が持てるようになりました。目標を持つことや努力の大切さを知りました」と。

受験勉強を始めた頃は、どの生徒もやる気満々で、「行きたい大学に絶対に合格してみせる」と気合も十分です。意気揚々と受験勉強に取り組んでおります。

しかし、時が過ぎるとともに、そのやる気は減退していくのです。

しかも、「一生懸命勉強しているにもかかわらず、成績がなかなか伸びていかない」「勉強したことが、全く身につかない」「暗記したはずのことが、まるでザルから水がこぼれ落ちていくように、すっかり忘れてしまっている」。そんな場面に遭遇すると、「このままで本当に合格できるのだろうか」と不安になり、「勉強などしたくない」と思うようになります。

そして、こういう疑問が生まれてきます。

「こんな勉強をして、何の役に立つのですか」

これは、思うように勉強が進まないことへのいら立ちでしょう。

そんな思いを抱いた時に、思い出してください。

勉強をして無駄なことは一つのないのです。

受験勉強で学ぶことは確かに、それがそのまま社会に出て役立つものばかりではありません。こんなことを勉強して、いったい何の役に立つのだろうかと思えるものも多いかもしれません。

しかし、「茂塾」の皆さんが受験時代に学ぶことは、大学に入学して学ぶ専門的な知識の土台となる知識であり、受験時代に学んだ様々な科目の色々な知識は、社会人になった時に、大人としての「教養」となり、人との会話の中で、大人どうしの付き合いの中で、ふとした瞬間にそれが話題になれば、そこで役立つ知識になるのです。

社会に出た人たちはよく、「学生の時に、もっと勉強しておけば良かった」と言います。それは、学生の時にしておくべき勉強が、その後の人生に役立つことの証明です。

受験時代に学ぶことは、役立つ時が必ずあるのです。

また受験と言うのは、知識を身に付けるだけの機会ではないと思います。

受験を通して、一つの目標に向かって努力することの意味を学び、自分なりに試行錯誤を繰り返し、創意工夫をしながら受験時代を乗り切っていくことで、人としての「生きる力」を身に付けていく人生の大切なプロセスだと思うのです。

受験時代には、実は、勉強を通して「生き方」を学んでいるのです。

大学に合格するための知識を身に付けること以上に、そこに受験に立ち向かう意味があります。皆さんが、たとえ志望校に合格できたとしても、それは一つのハードルを乗り越えただけにすぎず、そこに到達すれば、また次の乗り越えていかなければならない人生のハードルが、皆さんを待ち受けています。

大学を卒業してからも同じで、皆さんの前には、いつも乗り越えなければならないハードルがあるのです。

そのハードルを乗り越えていくための力を身に付けていく。

そのための大きな機会が、大学受験なのです。

受験に無駄なんてことはなく、勉強することによって人は教養を、そして生き抜く力を身に付けていくのです。

受験勉強は、皆さんにとって大いに役に立つものなのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

【 冬期集中特訓 】

平成29年12月29日(金)から平成30年 1月 3日(水)

※平成30年 1月 1日(月)は完全休塾日

今年度最後の【集中特訓】をやり抜いて、小さな成功体験を積み上げて、しっかりと自分の自信へ繋げてください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------