努力の総量で合否は決まる

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」の生徒の皆さんが社会に出て行くとき、おそらく日本のみならず世界全体の社会が高生産性化に拍車がかかっていると思われます。それは、もはや後戻りはできません。今後の社会では生産性の高いものが残り、生産性の低いものが淘汰されていく。。。そうだとすれば、勉強する分野や仕事を選ぶ際にもできるだけ生産性の高い分野を選ばなければなりませんよね。

時間もお金も有限かつ貴重なので、十分に報われると思えることに使いたい=お金や時間の生産性を最大限に高めたい。そう考えたときに、学びの場として今の学校の生産性はあまりにも低いと言えます。

最大の理由は、個々人の理解レベルにまったく合わないペースで教えられているからです。最低でも30人の生徒がいる教室では、一番よく分かっている生徒も一番分かっていない生徒も、自分の時間を有効活用できていません。

おそらく時間が有効活用できているのは、真ん中の10人ほどかもしれません。しかもその10人も、英語の授業時間は有効活用できているけれど、物理の授業ではまったく無駄に人生の時間を使っていたりするのです。

「Uber」がない時代にはタクシーを使わざるをえないのと同じだと思います。タクシーの価値は確実にゼロより上であり、とてもありがたいサービスです。しかしUberが出てきて生産性の比較になったら、まったく太刀打ちできないでしょう。

これからは学校も、新たに現れざる様々な学びの場と「学びの生産性」という観点から比較され始めます。そしてその生産性が低ければ、今と同じ形で残り続けることはできないと思います。

受験勉強においても、残る勉強、生産性の高い勉強、スキマ時間の有効活用、そういったことを意識してみてください。

 

さて、志望大学に合格できるかどうかを決めるもの。それは、高校時代のそれぞれの努力の総量だと私は思います。

どんな高校に通っていても、生徒一人ひとりが志望校の合格ラインを越えられる力を身に付けていかなければなりません。もし「茂塾」の皆さんが小さな目標を達成しようとするなら、少しだけ努力すれば、叶えれれるでしょう。努力しなくても叶えられる目標もあります。

しかし「茂塾」の皆さんが、大きな果実を得たいと思うなら、それに見合う、たくさんの努力の汗を流さなければなりません。大きなものを手に入れようとするならば、それだけ、たくさんの汗と涙を流さなければならないのです。

少しの努力で、あるいは努力をしなくても、すぐに手に入れられる目先の小さな果実を得ようとするのか。たくさんの汗を流して、大きな果実を得ようとするのか。

それを決めるのは、それぞれの心であり、受験時代には、このようにそれぞれの生き方が問われます。

「茂塾」の生徒の皆さんはぜひ、たくさんの努力をして、たくさんの汗を流して、大きな果実を手に入れようとする受験生になってください。

それを乗り越えた時に見える景色というのは、大きく変わってきますから。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

【 冬期集中特訓 】

平成29年12月29日(金)から平成30年 1月 3日(水)

※平成30年 1月 1日(月)は完全休塾日

今年度最後の【集中特訓】をやり抜いて、小さな成功体験を積み上げて、しっかりと自分の自信へ繋げてください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------