目標を定めること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

19年卒の大学生・大学院生の売り手市場が続いております。

企業の採用意欲が高まっています。リクルートホールディングスが18日にはぴょうした2019年卒採用に関する調査によると、大学生・大学院生の採用数が前年より「増える」と答えた企業は15.8%で、比較可能な11年卒の調査以降で最高となりました。好調な業績や人手不足を背景に、学生優位の「売り手市場」は続きそうです。

人材の競争は激しさを増しており、早めに学生に認知してもらうために、インターンシップ(就業体験)を増やす企業が多いようです。19年卒から経団連が加盟企業に求める指針から「5日間以上」とする項目を削除して、1日限りのインターンを解禁したことも追い風なのかもしれません。

ただし、業種ごとに採用意欲に差が出てきております。

飲食業・サービス業や小売業など、人手不足業種が目立ち、業績が好調な半導体・電子・電気部品も採用を増やすようです。

一方、メガバンクが大規模なリストラ計画を公表した銀行では採用を抑える動きも出てきているようです。

 

「茂塾」の生徒の皆さんは、「なりたい自分」の姿を想像しているでしょうか。

「なりたい自分」の姿を描き、そのために何をしなければならないのかを考える。キャリアデザインの際には、こうした「逆算式の思考法」をして、全体のイメージをつくるのです。一方、今やっていることを積み上げていくことで結果が出てくるという、「積み上げ式の思考法」もあります。この「積み上げ式」と「逆算式」を随時使い分けながら、自分なりのキャリアを実践していくというのが理想的なかたちです。

目標を定めて、それに向けた課題をこなしていくことで、人は少しずつ変わっていき、「なりたい自分」に近づいていきます。どんな大学生になりたいのか、そのために何をするのか。「正解」があるわけではありません。だからこそ、実はこの問いに答えることは難しいのですが、是非ともこの問いに向き合っていってほしいと思います。

自分が「こうなりたい」という目標をもち、それをもつことで、学ぶべきこと、取り組むべきことが見えてくるはずです。

「茂塾」のある高校2年生は、唯一今回の「冬期集中特訓」に参加いたします。おそらく、彼女は自分のキャリア形成を描き始めたのでしょう。

選択と集中です。最後の集中特訓をやり抜いて、しっかりと定着させましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

【 冬期集中特訓 】

平成29年12月29日(金)から平成30年 1月 3日(水)

※平成30年 1月 1日(月)は完全休塾日

今年度最後の【集中特訓】をやり抜いて、小さな成功体験を積み上げて、しっかりと自分の自信に繋げてください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました

高校2年生  : 定員まで残り3名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー