センター試験まで残り1週間

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

本日、「茂塾」では高校2年生・高校1年生を対象として【単語・熟語一斉テスト】を行います。

英語の肝は単語にあると言っても過言ではありません。

英語の学習は「英単語」「英熟語」「英文法」「精読(英文解釈)」「長文」「リスニング」「英作文」からなります。このうち「英作文」を本格的に対策するのは高校3年生になってからでもいいのですが、それ以外について高校2年生・高校1年生から始めましょう。

中でも重要なのが「英単語」です。単語を覚えていなければ、精読も長文読解も英作文もリスニングもできません。「単語はある程度覚えたら文脈判断」と早々に割り切るのは大変危険です。また、高校の英語を難しく感じさせて、挫折してしまう主要因は単語なのです。単語は覚えられるだけ覚えておくに越したことはありません。覚えるのに時間がかかるので、高校2年生・高校1年生の皆さんは単語の暗記を習慣化していきましょう。

 

さて、大学入試の第一関門であるセンター試験の大きな特徴は、例年、類似した問題が出題されることです。よって、10年分の過去問題を徹底的にこなすことが、得点力を上げる大きなポイントとなります。先に述べました通り、併せて出題を制限時間内で解く訓練にも力を注ぐことが肝心です。

英語では、基礎文法が必ず出題されます。不定詞、動名詞といった文法の一番基礎になる部分は、しっかり復習しておかねばなりません。それと、英作文の代わりに「並び替え」の出題もあります。幾つかの英単語を並べ替えて、英文をつくる問題です。普段の勉強では、練習が面倒なので、後回しにしたまま本番に突入する生徒もいるようですが、実は、配点が大きく、センター試験では、この問題で差がつくケースが多いのです。

センター試験で志望校受験に必要な点を得るためには、おろそかにできない部分なので、特に力を付けていかなければなりません。

また、暗記科目は1週間前でも集中的にやれば点数を伸ばすことができます。即効性のある科目もありますので、受験に理系の上位校を狙っている人は集中的にやってみるべきです。

残り1週間、年始の雑音に惑わされることなく、神経を張り詰めておきましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474