試験前にやること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

いよいよ明日からセンター試験が始まります。

「茂塾」の生徒たちは、本当によく頑張っております。

どの試験においても、合格ライン付近には実力が拮抗した受験生がたくさんおります。ほんの1点の差が、合否を分ける大きな差となります。必死に頑張って勉強してきたのは他の受験生も同じです。

最後に合否の差を分けるのは、「絶対に合格したい!」という気持ちの強さだと思います。合格ラインを1点でも超えるためにも、試験の終了ギリギリまで全力を出し尽くすようにしてください。

科目間の休憩時間が気分が変わりやすいので、特に注意が必要です。予想以上に解くことができている場合も、決して油断してはいけません。「不安」や「緊張」という状態は自分で感じやすいものですが、「油断」しているときは気が付きにくいので注意をしてください。すべり止めだったつもりの試験に落ちてしまい、あとになって油断していたことに気付くことも多いのです。

油断を防ぐためには、単に合格するだけではなく、「より上位での合格を目指す」という意識が大切です。すべり止め校を受けるときには、問題をすべて解くぐらいの気持ちで試験を受けて、その勢いを第一志望校につなげてください。

反対に、あまり解けなくてやる気がなくなりかけている場合でも、残りの試験で最善を尽くしてください。終わった科目のことは試験後に反省するとして、まずは残りの試験に集中しましょう。

どんなに不利な状況になったとしても、チャンスが残っている限りは最後まで決して諦めないでください。諦めたら、すべての可能性がゼロになってしまいます。試験時間は最後の1秒まで考え抜いて、空欄は絶対に残さないようにしましょう。最後まで諦めずにもぎ取った1点が、合否を分ける1点になるかもしれないのです。

 

試験のときにやるべきことを前もって知っておけば、プレッシャーを軽くすることができます。

下記に、試験前日と当日にやるべきことをまとめます。

1.試験前日ー寝るまで

・勉強は軽めにする

試験前日は、参考書やノートを確認する程度でも構いません。気持ちが焦って勉強に集中できない場合は、無理をして机に向かう必要はありません。心が疲れていると感じたら、好きな本や雑誌を読んだり音楽を聴いてリラックスしましょう。

・持ち物を準備する

持ち物は前日のうちに準備しておいてください。特に、受験票のように忘れると取り返しのつかないものや、試験当日の朝にカバンに入れるものは要注意です。それほど必要でないものを忘れたとしても、気持ちが動揺して余計なところで疲れてしまいます。

・早めに布団に入る

試験前日は、緊張して寝つけないこともあるでしょう。少し寝られなくても不安にならないように、早めに布団に入っておくことをお勧めします。

・天気予報を確認する

もし、試験当日の天候が悪くなりそうであれば、寝る時間をさらに前倒しするとよいでしょう。交通機関に影響が出るかもしれない場合は、早めに家を出るようにしましょう。

ちなみに、明日の宮崎市の天気は晴れ、最高気温9℃、最低気温ー3℃です。

2.試験当日ー起きてから出発まで

・しっかりと朝食をとる

最初の科目から頭をフル回転させるためには、朝食をとることが不可欠となります。食べるものは、いつもと同じもので構わないでしょう。試験だからといって特別なものを食べたりしたら、余計に緊張してしまいます。

・体温の調節をしやすい服を着る

試験会場の広さや座席の場所によって、体感温度に大きく差がでます。暑かったり寒かったりすると試験に集中することができません。体温調節をしやすいように、重ね着をしてきましょう。

 

ご参考までに。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

 

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

 

TEL:0985-41-7474

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

 

高校2年生  : 定員まで残り1名

 

高校1年生  : いつでも入塾できます  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー