受験は人を育てる

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

本日、平成30年1月31日(水)です。

明日から、新学年の授業のスタートとなります。

今年度の既卒生・現高校3年生の授業は昨日で最後でした。 

「受験は人を育てる」と、私は思っております。えのもと 先生からも最後の授業では話があったと思います。受験時代は、正直つらいと思うことの方が多いでしょう。受験が楽しくて仕方がないなどと思う人は、稀です。

しかし、その受験を乗り越えたところには、それぞれが思い描く未来があり、そこにたどり着くためには、誰もが受験という試練を乗り越えていかなければならないのです。しかも、それぞれの力で。

受験時代を過ごして、見事、あこがれの大学に合格できた時には、志望校に合格できるだけの知識が身についただけではなく、それまでの自分とは違う、ひと回りも、ふた回りも大きく成長している自分がいるはずです。

受験は人を育ててくれます。

人は楽な方、楽な方へとなびいてしまいがちですが、「茂塾」の生徒たちは、あえて苦難の道を歩むという人生の選択をしました。

出口のないトンネルはありません。

朝の来ない夜はありません

どんなに寒い冬も、必ず春になります

念ずれば、花は開きます

この世の中に、乗り越えられない試練はないのです。

つらくなったら、逃げ出したくなったら、入試を乗り越えた向こう側にある、合格した自分の姿を思い浮かべながら、今やるべきことに、黙々と打ち込んでいきましょう。

一日一日の地道な積み重ねこそが、それぞれの人生を切り開いていく原動力になり、それがやがて、「合格」を引き寄せてくれます。

それぞれの心に夢を描いて、まだ見ぬ未来に向かって、大きく羽ばたいてください。

 

そして、皆さんが絶対に忘れてはいけないことがあります。

それは、合格したら、それまでお世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えることです。親、兄弟姉妹、おじいちゃん、おばあちゃん、学校の先生。。。

合格してしまうと、それまで皆さんを支えてくれた人がいたということなど、すっかり忘れてしまい、有頂天になって、まるで自分ひとりの力だけで合格したような態度に豹変してしまう人がいますが、それは間違っています。

周りの人たちの支えがあったからこそ合格できたのです。そのことを、皆さんは絶対に忘れないでください。

咲いた花みて喜ぶならば、咲かせた根もとの恩を知らなければなりません。

受験勉強は、大学に合格するための知識を身につけるためだけにするものではありません。志望校に合格するためだけにするものでもありません。

人として大きく成長していくための一つの試練なのです。それが受験であり、受験を通して、皆さんが身につけていくのは、「生きる力」なのですから。

 

The winnner never quit !

(勝利者は決してあきらめない!)

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

現高校2年生 : 定員に達しました

※平成30年3月から新高校3年生として

 入塾できます

現高校1年生 : いつでも入塾できます 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー