新高校3年生、受験はすでに始まっております

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

新高校3年生については、受験はもう始まっております。

部活動等で忙しいとは思いますが、「茂塾」では下記のようなスケジュールの難関大学合格プランがあります。

英語:2月~5月

単語・熟語の暗記と英文法の基礎知識を習得する。長文を読む中で、知識を定着させていきます。

国語:2月~5月

現代文は漢字と用語を暗記しながら読解の基礎問題に取り組む。古典は古文文法の基礎を覚えながら、単語も暗記していく。

英語:6月~8月

単語・熟語暗記を一通り完成させる。文法・長文の演習を行う。

国語:6月~8月

漢文の句法を暗記して、古典全体の基礎を完成させ、現代文の演習を行う。

英語:9月~12月 

実践問題・大学の過去問での演習に取り組み、応用力をつける。

国語:9月~12月

現代文・古典とともに問題演習に取り組む。私立文系志望の場合は古文常識の知識も暗記する。

上記を見ると分かるように、夏休み以降は問題演習を中心に学習を進めて、9月頃から大学入試やセンター試験の過去問に取り組み始めます。つまり逆算すると、2月から7月までの半年間でいかに基礎を固められるかが、受験勉強の成功のカギとなるのです。基礎づくりには時間が必要です。絶対に合格を手にしたいのなら、今日から取り組まなければなりません。

とはいえ、何から手をつけていいのか分からない。。。それならば、効率的な計画のもとで、「茂塾」の仲間たちと一緒に頑張りましょう!

 

昨日より、お問い合わせのお電話をいただいております。新高校3年生のクラスは、文系クラスと理系クラスに分けておりますが、席には限りがありますので、お早めのお電話をお願い申し上げます。

 

実際、高校3年生の春までに英語の入試基礎力が固まっている生徒はかなり少ないのです。おそらく2割程度だと思います。英語が苦手な生徒は、4~5割は中学レベルの問題でつまずいております。

よって、いかに短期間に絶対基礎力を固めるかがカギとなります。しかも、出来る限り時間をとられないようにしなければなりません。というのも、絶対基礎力を固めて初めて、入試基礎力を身につける勉強に入ることができて、そこでどうにか本格的な志望校対策に取り組めるようになるのです。

本番まで残り1年を切った段階の新高校3年生にとって、これは非常に厳しいとは思います。しかし、それでも何とかしなければいけないのです。

英語は受験において最も重要と言っても過言ではありません。国公立大学の場合も、合格者の50.4%が得意教科に英語を挙げております。つまり、英語を味方につけられるかどうかが、合否のカギを握っているのです。ただし、英語の成績を伸ばすには時間と労力がかかります。

「茂塾」では、効率的な計画のもと、受験に必要な実力の養成に特化した指導を行っております。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生     :入塾受付開始しております

新高校3年生(文系):3月から授業スタートです

新高校3年生(理系):3月から授業スタートです

新高校2年生    :いつでも入塾できます

新高校1年生    :4月から授業スタートです

オプション講座   :いつでも受講可能です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー