何のための仕事か

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

本日より授業に参加されます生徒については、オリエンテーション等がありますので、若干早めに来塾していただければと思います。そしてお願いがあります。

・授業は緊急時以外は休まない

継続なくして学力の向上はありません。定期テスト期間中はもちろん、私用での遅刻・欠席は緊急時以外は認めておりません。よって、体調管理の徹底も必要となってきます。成績を伸ばすためには、まずは授業への参加が第一ですので。

 

そして、高等学校の新学習指導要領が3月末に告示されます。高校は今、大きな節目を迎えていると思います。国内外の社会の急激な変化、グローバル化の急速な進展、人口知能(AI)の普及、そして何より人口減少が及ぼす影響は大きいようです。

また、高校教育に対する評価は厳しいものがあります。代表的な批判は、「大学受験対策ばかりが優先された知識詰め込み型の旧態依然とした教育」という指摘です。しかし、高校側は「大学入試が変わらないから」と反論をしております。

この構図を打ち破ろうというのが高大接続システムです。高校と大学の教育、両者をつなぐ大学入試を一体的に改革する構想で、大学入試改革の議論が進んでおります。

一方の高校教育改革の方向性を示したのが今回の改訂で生まれる新学習要領ですが、狙い通り定着するかどうかは大学入試がどれだけ変われるかに左右されるのかもしれませんね。

 

さて唐突ですが、仕事とは何のためにするものでしょうか?勉強も然りですが。。。

人によって違いはありますが、第一に「お金のため」だと思います。高校生の皆さんは、食費も居住費も親などの保護者に出してもらっていますが、社会人になれば自立して、何らかの仕事をしながらお金を稼がなければなりません。

そこで、多くの人は自立の手段として、働いてお金を稼ぐことを選択します。「お金」というものは、自立して生きていくためには絶対に必要なもので、そのためには仕事をしなければなりません。

一方、仕事をするには、「お金」だけでなく「やりがい」も大切だと感じている社会人が多いのです。「お金」だけを目的にすると仕事は続けられませんし、「やりがい」だけで「お金」がないと生きていくことができませんから、やはり仕事を続けることができません。

つまり、皆さんが将来の仕事について考える時にはこの「お金」と「やりがい」とのバランスを考える必要があります。

「お金」と「やりがい」とのバランスには個人差があります。どのバランスがいいという話ではありません。そうではなく、必要とする「お金」と「やりがい」とのバランスには個人差があるので、自分でしっかりと考えることが大切だという話です。

また、やりがいは人によって違います。つまり人が何に価値をおいているかは、それぞれ違うのです。人それぞれで価値観が違うからこそ世の中が成り立っているわけで、皆が同じ価値観を持っていると、逆に役割分担ができません。

高校に入学するまでの皆さんは、仲のよい友人と同じことをしたり、親の言うことを素直に聞いたりしていても、それで通ってきたかもしれません。しかし大学受験を経験し、高校卒業後は、仲のよい友人同士であっても進路は大きく異なってきます。

「茂塾」の皆さんのことをよく知っている親や先生や先輩、友人の意見はもちろん参考になりますが、最終的に決断を下すのは皆さんですし、その決断の責任は自分で取るしかないのです。

大学受験とは、そのための訓練でもあります。

大学受験を通して、学ぶのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生     :入塾受付開始しております

新高校3年生(文系):定員まで残り数名です

新高校3年生(理系):定員まで残り数名です

新高校2年生    :いつでも入塾できます

新高校1年生    :4月から授業スタートです

オプション講座   :いつでも受講可能です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー