自己形成づくり

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

毎授業後の「茂塾」では、遅くまで自分のための勉強や先生に質問に来て、分からないところを確認したりと、塾に残っている生徒が大勢おります。保護者の方におかれましては、授業の度に送り迎えをしていただき、心から感謝申し上げます。

子育ては大切な職業である。しかし親には適性テストが課されることはない

バーナード・ショー

子どもを一人前の人間に育てるというのは、大変な仕事だと思います。多くの親御さんにとっては、子育てというのは初めての経験であり、それで失敗が許されません。野球に例えれば、新人なのに9回裏のピンチにマウンドに送り込まれるようなものでしょう。

家庭においても、社会においても、子育てはとても重要な役割でもあるに関わらず、義務教育で教えてはもらえません。

そんな中、「茂塾」の親御さんたちは、送り迎えや精神的なケア等難しいことを、系列立てて実行され、失敗しないように子育てをされております。

心から尊敬の意を称します。

また、大学進学をされますと、仕送りをしなければなりません。首都圏を中心とする私立大学に2017年度に入学した下宿生への仕送り月額は8万6100円で、過去最低だった16年度から400円増えたことが分かりました。

増額は17年ぶりでしたが過去2番目に低い水準で、「家計が厳しい状況なのは変わらない」とのことです。

仕送り額はピークだった1994年度の12万4900円と比べると3割以上低く、仕送りの平均額から家賃平均額を引いた生活費は1日当たり817円で、これも16年度の790円に続く2番目に低い額となったようです。

下宿生の世帯保護者の平均年収は900万7千円で、授業料や住居費、4~12月の仕送り額など入学の年にかかる費用は平均296万7千円と、年収の32.9%を占めております。

入学費用を教育ローンなどで借り入れた家庭は21%で、借入額の平均は過去最高の233万9千円となっております。入学の年にかかる費用の大半を借入金で手当てしているのですね。 

 

さて、ある「茂塾」の生徒は月間の目標とは別に、約束事を紙に書き、それを塾内に貼っております。「月曜日から土曜日まで塾に来て、自分の勉強をする」「守れない場合は、スマホの使用をやめる」とか、何か条かの自分との約束をしております。

重要な目標とは、「最後までやり通す」という性格的特徴には、「やり抜く力」と同じように、「挫けそうになっても、諦めずに努力を続ける」ということなのです。

「茂塾」の生徒たちは、生まれながらにとてつもない可能性をもっております。だから問題は、やり抜く力を発揮して、ひたすら地道な努力を積み重ねることで、その可能性を最大限に生かせるかどうかにかかっています。

最後に大きな成功を収めるのは、そういう人たちなのです。

受験は自己形成づくりです。「最後までやり通す経験」から人格が形成されるのですよ。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。 

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生     :入塾受付開始しております

新高校3年生(文系):定員まで残り4名です

新高校3年生(理系):定員まで残り7名です

新高校2年生    :いつでも入塾できます

新高校1年生    :4月から授業スタートです

オプション講座   :いつでも受講可能です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新 学 期 入 塾 キ ャ ン ペ ー ン 実 施 中 !

4月入塾で、入塾金50%OFFとなります