私立大学とは

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」は、実用英語検定の準会場として認定を受けております。

先日は、「茂塾」のある生徒2名が英検2級に合格を果たしました。1次試験と2次試験の対策を個別に えのもと 先生とやっておりましたね。

文部科学省が、全国の公立中学・高校に通う生徒の英語力を調べた2017年度の英語教育実施状況調査の結果を公表しました。

中学校3年で「英検3級程度以上」の力がある生徒は前年度より4.6増の40.7%。

高校3年で「英検準2級程度以上」の力がある生徒は前年度より2.9増の39.3%。

ちなみに、宮崎県はというと、

中学校3年で「英検3級程度以上」の力がある生徒は41.4%。

高校3年で「英検準2級程度以上」の力がある生徒は39.1%。

「読む・聞く・書く・話す」の4技能ごとの到達状況をみた別の英語力調査の結果によると、中高でいずれの技能も50%に届かず、特に高校3年生では「話す」「書く」の到達割合が2割を切り、発信力に課題が浮かんでおります。

「茂塾」では、一番時間と労力のかかる英語をしっかりと基礎知識を定着させて、英語を武器に受験に臨んでいただきます。2017年も、英語の偏差値が20伸びた生徒がおります。

英語の実力がつくのは、3カ月はかかると言われております。早めに対策を講じて、英語を得意教科にし、自分の自信に変えましょう。

 

さて、2017年の朝日新聞の調査によると、大学の教員一人当たりの学生数は、私立大学が23.4人に対して、国立大学は12.6人と、ほぼ半数となっております。それだけ、国立大学のほうがきめ細かい指導を行なっているとされる中で、私立大学はどのような教育に力を入れているのでしょうか?

慶応義塾大学を設立した福沢諭吉は、著書「学問のすゝめ」において、次のように書いております。

「独立の気力なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は必ず人を恐る、人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり」

つまり、国公立大学のみが知識人の育成を行うと、国家権力にとって都合の良い教育だけが行われるのではないかと危惧したのでしょう。

融通の効かないことや、杓子定規で効率の悪いことを俗に「お役所仕事」と揶揄するように、教育という重要な仕事を、国や行政組織に任せておけないと考える志の高い人は、いつの時代にもいるものです。

2017年現在、私立大学は日本全国に約600校存在します。これは、大学全体の約8割を占める計算になります。私立大学の数が増えたのは、日本の人口の拡大と、大学進学率の伸長によって、大学の数が不足していたという背景もありました。国や地方自治体にはそれほど潤沢な予算がなく、高等教育機関の数を増やすことができなかった中で、私立の学校法人が、高等教育の任を担っていたのです。

ところが現在、少子化並びに大学進学率の伸びの鈍化によって、大学は学生集めに苦労するようになりました。特に私立大学は、その半数近くが定員割れを起こしており、募集停止や経営破綻、統合による再編などが起きております。再編の動きの中で、地方自治体との提携による、私立大学の公立大学化というケースも生じております。

一例をあげると、2013年、学校法人常葉学園が運営する3大学(浜松大学、常葉学園大学、富士常葉大学)が統合されて、常葉大学になりました。

このように、私学の経営危機が叫ばれるなか、各大学が、学生にとって魅力的な大学になろうとして改革に邁進しているのが現状なのです。

 

「茂塾」の生徒たちは、夢をもっているかと思います。

大きな夢を実現するための第一歩。その第一歩を踏み出すための、小さな一歩。それを見い出すことが、さらにまた小さな第一歩です。

大学受験を目指すための勉強、つまり皆さんの行動は、細分化された「小さな行動の積み重ね」でできております。その小さな行動を積み重ねることで、大きな夢を実現するのですよ。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生    :入塾受付開始しております

高校3年生(文系):定員まで残り2名です

高校3年生(理系):定員まで残り7名です

高校2年生    :いつでも入塾できます

高校1年生    :4月から授業スタートです

オプション講座  :いつでも受講可能です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新 学 期 入 塾 キ ャ ン ペ ー ン 実 施 中 !

4月入塾で、入塾金50%OFFとなります