基礎学力の徹底

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」は、本気で「大学へ行きたい」「成績を上げたい」と頑張る人のための学習塾です。私語や塾のルールを守らない行為は、頑張っている生徒の勉強の妨げになるので、厳しく注意します。

また「茂塾」では、社会で生きていく中で必要な挨拶や礼儀を大切にしております。勉強に取り組む姿勢についても同様です。そういった指導方針をご理解いただいた上で、生徒たちは昨日も授業を熱心に聞いておりました。

昨日は、復習テスト・チェックテストが全員合格点でしたが。。。

自分の身の回りの整理整頓・清掃が出来ていない生徒がおりましたので、えのもと 先生からお叱りをうけたようですね。

社会に出たら、誰がそれを言ってくれるのでしょうか?

おそらく、誰も注意などしてくれません。

なぜか?

社会人の皆さんは自分のことで忙しいのはありますが、社会人として当たり前のことについては、既に身についていると思っているからです。

挨拶もそうです。「茂塾」の生徒たちは、しっかりと顔を見て挨拶をしてくれますね。

勉強だけ出来るのは、半人前!

4S(整理・整頓・清掃・清潔)と挨拶、感謝の言葉、謝罪の言葉、約束を守ること、素直な姿勢で学ぶこと。

これが非常に大切なのですよ。

 

そして、新しく入塾をされます生徒がおります。高校3年生(理系クラス)です。定員まで高校3年生(理系クラス)が残り6名となりましたので、ご報告いたします。

 

さて、私は受験に限らず、勉強に近道はないと思っております。

以前、経済界で大手企業の「これからは知恵(創造性)の時代です。社員はまず知恵を出すこと。知恵を出さない者は汗を出すこと。」との社長訓示が、随分もてはやされたことがあります。

松下幸之助氏は、こう言っております。

「誰しも、汗水流して働く者より、知恵を出す人間のほうがカッコよく見えるから、知恵を出すことに励むだろう。そうすると、一生懸命努力する者がバカに見えて、社員は努力しなくなる。そんな会社はつぶれるしかないじゃないか。」と。

流石です。ゼロから大松下帝国を築いた苦労人であります。事の本質を見極めた言葉ですね。

「会社」を「日本社会」に当てはめてみると、創造性に教育の第一義を置く国は倒産するしかないのか。やはり学習、勤勉、努力に教育の第一義を置き、勉強熱心で努力家の子どもを育てる教育こそが、国家(文科省)の仕事ではないのか、と思ってしまいます。

学校や私たち「茂塾」がやらなければならないことは、まず生徒に必要な基礎学力を徹底して身につけさせることだと思います。基礎学力とは読み、書き、計算する能力のことであり、それは、松下幸之助氏の言葉を借りるまでもなく、汗を流して根気強く反復するしかないのです。生徒たちにとっては、楽しみの少ない、地味で退屈なことでしょう。基礎学力を徹底させるには、教育課程の中で、根気や努力、作業などを素直に手と頭を動かして実践することがいかに大切か、を生徒に理解させて、習得させることになるのです。これが最も大切な教育の要諦だと思います。

 

受験は特殊なことではなく、基礎学力が試される場なのです。結果的にも、地道に基礎学力をつけるのが一番の近道になります。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。 

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生    :入塾受付開始しております

高校3年生(文系):定員まで残り1名です

高校3年生(理系):定員まで残り6名です

高校2年生    :いつでも入塾できます

高校1年生    :4月から授業スタートです

オプション講座  :いつでも受講可能です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新 学 期 入 塾 キ ャ ン ペ ー ン 実 施 中 !

4月入塾で、入塾金50%OFFとなります