将来の成長産業に目を向けること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

本日は朝早くから、「茂塾」には自分のための勉強のために、自習に来ている生徒たちがおります。中には、高校1年生の生徒もおりますね。彼は、中学校から「茂塾」にて高校受験のために通塾していた生徒です。部活動で忙しかった時期もありますが、最後の最後までやり抜きましたよね。

「茂塾」の【合格を勝ち取るための5箇条】

其の一 授業は緊急時以外休まない

継続なくして学力の向上無し。定期テスト期間中はもちろん、私用での遅刻・欠席は緊急時以外認めておりません。体調管理もしっかり行いましょう。成績を伸ばすには、まず授業への参加が第一です。

其の三 約束は必ず守る

「茂塾」では、勉強のノルマや提出物の期限、自習室の利用などの約束は必ず守ってもらいます。また、守れない場合は事前に申告してもらいます。社会でも大事なルールです。

上記を、中学生のうちから彼は守れるようになってきたと聞いております。2020年の大学入試改革に向けた早期対策をこれから行っていきますので、しっかりと残る勉強を心がけていただきたいと思います。

 

さて、進路について考えるときに、日本の現状と未来について知ることが必要となります。

例えば現在すでに問題となっていることですが、大学院の博士課程に進学する人が多くなったにも関わらず、博士号取得者に対する求人が増えなかった結果、職にあぶれる高学歴者が増えております。少子高齢化で学生の数も減っていきますから、研究者として生きるために国外に出る人も少なくありません。

資格取得者が増えたのに、市場がそれほど広がっていないという意味では、弁護士や歯科医師も同じことです。平成17年度の弁護士の平均年収は2097万円でしたが、平成27年度には1094万円まで下がりました。歯科医師の場合は平成17年度が905万円で、平成27年度が653万円となっております。大学進学率が高まり、資格を取っても、大変な時代になったといえるでしょう。

また、インターネットの発達によって書籍・雑誌の売り上げが大きく落ち込んでおります。1996年のピーク時には2兆6564億円だった書籍・雑誌の売上高は、2016年には1兆4709億円にまで落ち込みました。

要は、人々の好みの変化、技術の進歩、社会の高度化、経済状況や海外との関係などで衰退する産業もあれば、成長する産業もあるということです。成長産業の中でも消えていく会社もあるのです。

衰退する産業の中で伸びる会社もあれば、成長産業の中にあっても消えゆく会社もあるのです。衰退産業でも見事なアイデアと努力で成功した企業としては、かんてんぱぱ で有名な伊那食品工業の例があります。同社は寒天という衰退産業の中で1958年の創業以来、48年連続で増収増益を果たした会社です。「日本で一番大切にしたい会社」でも取り上げられております。

会社の成長と衰退の原因には、世の移り変わり、生産能力、消費傾向、流行や習慣、人々の考え方、気候変動、国の方針など、様々な要因があり、一言で言い切ることはできません。

しかしその中で方針だけは、あらかじめ知ることができます。国として成長させようとしている産業、あるいは成長すると予測している産業を中心にその他も含めて成長産業を予測してみると、

安倍政権は、「金融緩和」「財政出動」に続くアベノミクス第3の矢として「成長戦略」を発表しました。

この成長戦略のポイントは3つです。

第1に今後の需要の増大が見込まれる「健康・医療」分野に力を注ぐこと。第2に経済活動を支える労働者の環境を改善すること。第3に若者や女性といった労働力を活用することです。そのために、まず現在、家庭に入っている女性やフリーターの労働力を活用すること、また、製造業から医療・介護サービズ、観光といった成長産業に労働力を移行させることなどが重要視されております。

さらに、今後の成長市場として「健康・医療」「エネルギー」「次世代インフラ」「観光・農業などの地域資源」の4つを掲げております。

 

ご参考までに。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願いいたします。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生    :入塾受付開始しております

高校3年生(文系):定員まで残り1名です

高校3年生(理系):定員まで残り6名です

高校2年生    :いつでも入塾できます

高校1年生    :いつでも入塾できます

オプション講座  :定員まで残り8名です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー