勉強に専念すること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」では、毎日夜遅くまで授業後、自習をして居残り勉強をしております。そのため、保護者の方につきましては、毎日の送迎をしていただき、心より感謝申し上げます。

今の「茂塾」の生徒たちのやる気は勉強の原点でありますので、受験まで送迎等ご苦労をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

やる気、つまりモチベーションは、脳の「側坐核」という場所で作られます。側坐核は直径1センチメートル以下のとても小さな脳部位で、脳の中心近くに存在しております。その側坐核の性質が厄介なのです。側坐核を活動させるためには、ある程度の刺激が必要となります。刺激が来ないと充分な活動を起こしてくれないのです。

ですから、何もしないでいて「やる気が出ない」というのは、もっともなことなのです。刺激を入れなければ側坐核は活動しないので、やる気の出ようがないのです。ですから、やる気が出ないときには、まずは机に向かって勉強を始めることです。とにかく側坐核を刺激するのです。そうすると、次第にやる気が生じて勉強に集中できるようになります。

まさに、案ずるより産むが安しです。

こうした現象は、「作業興奮」と呼ばれております。何事でも、始めてからしばらく経つと少しずつ調子に乗って集中できるようになります。側坐核が目を覚ますのには時間がかかります。だから、とにかく勉強を始めるのです。そして、始めたらしばらくは中断しないことが肝心です。

 

「茂塾」は勉強をする場所であるため、勉強に適した環境をできる限り提供しております。遅くまで「茂塾」に残っているものの、スマホをいじっている。。。など、問答無用です。

そのため、「茂塾」では塾内でのスマホの使用を禁止しております。

結論を先に言うと、受験勉強にスマホは不要と断言します。

これは、受験生の保護者の方たちにも聞いていただきたいのですが、生徒たちにとってスマホは、刺激のある遊び道具でもあります。朝から晩まで、SNSをはじめゲームなどに夢中で、勉強どころではない人もいるでしょう。よほど自制心の強い人でない限り、容易にスマホを与えるのは考えものでしょう。ネットなどで、欠かせないものならば、家族共用に居間などに置き、少なくとも受験勉強の妨げになる子ども部屋からはパソコンの排除をお勧めします。

受験期に、スマホやパソコンを封印したからといって、子どもの将来に支障など生じません。生徒たちにとって、スマホの操作は難しいものではなく、早期教育など必要としないからです。

受験に大事なのは、知識の蓄積です。そのことを納得させれば、受験期に限定した排除など、何の問題もないと思います。

毎日、送迎をはじめとして保護者の方々は「茂塾」の皆さんに勉強がしやすい環境を作ってくれております。そして何より、「茂塾」に月謝を支払い、心のケアまでしてくれているのです。

そんな中、遅くまで勉強をしている生徒たちの保護者の方は、苦労も惜しまずに送迎をしてくれているのです。

「茂塾」の生徒たちは、まずは感謝してほしい。今置かれている環境を当たり前のことと思わずにいてほしい。スマホの使用については、小さな問題の一つにしか過ぎません。

しかし、「今日はよく勉強した」と胸を張って送迎車に乗り込めるよう、勉強の妨げとなる誘惑をできる限り排除して、長丁場である受験勉強に取り組んでいってほしいと思います。

 

明日からは、6月です。

一日一生!と思いながら、「茂塾」での時間を過ごしてくださいね。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生    :入塾受付開始しております

高校3年生(文系):定員まで残り1名です

高校3年生(理系):定員まで残り6名です

高校2年生    :いつでも入塾できます

高校1年生    :いつでも入塾できます

オプション講座  :定員まで残り8名です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー