長期的な計画をもって取り組むこと

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

大学入試センター試験が6日、2019年センター試験の日程を発表しましたね。

平成31年1月19日(土)

平成31年1月20日(日)

出願期間は平成30年10月1日~12日まで

受験案内は試験を利用する大学などで平成30年9月3日から配布します。大学入試センター試験は出願を受理した志願者に、10月下旬までに受験科目などの登録内容を書いた確認はがきを送付します。

試験会場、受験番号を記載した受験票は12月中旬までに送られてきます。

検定料は、3教科以上を受験する場合は1万8千円。2教科以下は1万2千円となっております。

センター試験まで、残り226日です。一日一日を大切に、残る勉強を心がけていただきたいと思います。

 

そして昨日、ある保護者の方が21時くらいでしょうか、生徒のお迎えに来てくれておりました。ご協力をいただき、心から感謝申し上げます。生徒たちが来る大学受験に向けて毎日のように「茂塾」で勉強しておりますが、それを支えていただいているのは、保護者の方たちあってのことだと思っております。まだまだ道半ばですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

さて、「勉学は道路のようだ。一番の近道はふつう一番悪い道だ」と哲学者のベーコンは語っております。要するに、違いの大きなものを区別できるようになってからでないと、小さいものを区別できるようにはならないのです。

何かを学習しようとする場合には、まずは全体像をしっかりと理解しておくことが大切です。はじめは細部を気にしなくてもいいですから、とにかく全体を大まかに把握することが重要です。例えば、野球では、何度もテレビ中継を見てしだいに目が慣れてくれば、ピッチャーの投げたボールがストレートだったのかスライダーだったのか、見分けがつくようになります。もちろん野球を見たことがない人が、いきなりこの判定をしようと思ってもとても無理な話ですが。。。

いずれにしても、それに見合った努力と訓練が必要なのです。こうした細かい判別は大から小へと順を追って訓練さえ積めば、誰にでも可能なことなのです。

これは勉強でも同じことが言えると思います。

「大きな視点をもつ人間には、小さな失敗はほとんど脅威とならない」と19世紀のイギリスの指導者ディズレーリが言っております。

もし皆さんが、有意義な記憶をできるだけ長く脳に留めておきたいと思うのなら、目前の定期テストのことばかりに目を奪われることなく、自分にあった長期的な視点で勉強計画を立てて勉学に臨んでみてはどうでしょうか。

来たるべき受験日は決まっております。短期的な目標という、小さな成功を積み上げながら、長期的な計画をもって自分のための勉強に取り組んでいただきたいと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願いいたします。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既 卒 生    :入塾受付開始しております

高校3年生(文系):定員まで残り1名です

高校3年生(理系):定員まで残り6名です

高校2年生    :いつでも入塾できます

高校1年生    :いつでも入塾できます

オプション講座  :定員まで残り8名です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー