大学は自己形成の場

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

明日の日曜日に、ご面談にお越しいただきます保護者の方並びに生徒の方におかれましては、ご多用中のところ感謝申し上げます。足元の悪い中ではありますが、どうかお気をつけてお越しくださいませ。

現高校1年生以下については、センター試験に代わって2021年1月より「大学入学共通テスト」が導入されます。国語・数学は記述試験が導入されて、「思考力・判断力・表現力」が問われることになります。英語については、2023年までは現行と同様のマーク式試験を存続させる予定ですが、今後は民間認定試験による「4技能評価」へ移行される見込みです。すでに英検やTEAP等の民間資格試験を導入する大学も増え始めております。英語は現高校2年生・現高校1年生ともに、外部試験の導入も見据えて、変化に対して柔軟に対応し得る実力をつけておくことが、大学受験において重要になってくるでしょう。

また、現中学3年生については、高校入学時に受ける英語の授業の速さを痛感するはずです。「茂塾」ではそうしたカルチャーショックを軽減するために、【中学3年生コース】を平成30年7月3日(火)より新規開講しております。中学校に比べて、高校での英語の授業は覚えることが多岐にわたります。例えば、覚えるべき単語は中学の単語の5倍から6倍、熟語に至っても同様、文法に限っては10倍近く暗記しなければならないのです。そこで「茂塾」では高校受験や英検を通して、生徒たちの英語力の向上に沿うように、徐々に進度を上げて、内容が高度になるように連続的にレベルを上げていいきます。ライティングやヒアリングもその1つで、無理なく中学範囲から高校範囲へと学習をスムーズに進めていきます。また、学力が拮抗した生徒たちが切磋琢磨して勉強に励むことで、自ずと学力が向上してく環境も整えております。

 

「茂塾」の生徒の皆さんについては、自らが主体的に勉強をしている生徒たちばかりです。それは、一つの目標である大学へ進学したいということを強く思っているからでしょう。

しかし、実際は高校までの勉強は、基本的に受け身の勉強であります。一方、大学で行う「学問」では自ら選び、自ら学ぼうという姿勢が非常に大切になってきます。

昔から、勉強は嫌々やっても効果がない、と言われておりますが、確かに何の目的意識もなく、興味のないことに取り掛かってもすぐに注意が散漫になってしまいます。

「茂塾」の生徒たち自身が、「自分が一番伸びるのは、これを勉強すればいいんじゃないか。これを学べば人間の幅が広がるんじゃないだろうか」そういうことを思ってくれると、非常にいいと思います。そのために、大学側もカリキュラムに幅をもたせたりと様々な工夫を行っているのです。

大学生というのは、時間もあれば、余裕もあります。さらに、周りに色々なタイプの人がいて、これほど恵まれた学びの場もないのではないでしょうか。したがって、この時期をどう過ごすか、ということがその人の将来を左右するほど大事なものになってきます。

後悔をしない人生を「茂塾」の生徒たちが歩んでもらい、大学受験で「自己形成づくり」をして、さらに、自己形成の場である大学で、これからの日本のリーダーとなる人物になってほしいと思います。

きっと大学側も刺激を求める学生に積極的に応えていき、日本のリーダーを育てていかなければならないという責務があるはずですから。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願いいたします。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浪 人 生    :募集締め切りました

高校3年生(文系):定員まで残り1名です

高校3年生(理系):定員まで残り1名です

高校2年生    :定員まで残り9名です

高校1年生    :いつでも入塾できます

オプション講座  :定員まで残り6名です

中学3年生    :7月3日より入塾できます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー