音読のススメ

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」では、五感を活用した勉強法である「音読」を勧めております。

英語や古典など、いわゆる語学の学習に音読を利用していた人が多いのも事実です。両方とも、現代日本語とは違った独特のリズムをもつ言語であります。このリズムごとマスターすれば、記憶として定着しやすくなりますし、読解力も向上します。また、こと英語に関してはうまく音読できるようになれば、リスニング力の向上も可能でしょう。

音読をすることによって、単なる知識を使える知識に昇格することができるのです。

脳科学者の茂木健一郎さんによると、長期記憶は大脳皮質にある側頭連合野というところに蓄えられるといいます。実は、この側頭連合野は記憶の保管庫であると同時に、視覚・聴覚といった感覚認知を司る器官でもあるのです。したがって、さまざまな感覚を用いて覚えようとした方が、側頭連合野の活動を活性化して、知識が定着しやすくなります。

茂木健一郎さんは、目で読みながら、手で書きながら、声に出しながら、からだを動かしながら。。。とにかく、ありとあらゆる手段を使って全身全霊で記憶する「鶴の恩返し」勉強法とも言うべきものを中学生のころから実行していたといいます。一心不乱に勉強している姿は、とても人に見せられたものではないから、とのことです。

結局、成果を上げたものが受験勉強の勝者となります。必ずしもスマートに勉強する必要はないのです。

「茂塾」の生徒たちにやってもらいたいことがあります。それは、朝起きてからすぐに英語や古典を朗読することです。起床直後は、どうしても頭がぼんやりしがちです。いきなり集中モードに入るのは困難であると思います。だからこそ、音読から始めてみるべきなのです。音読は、脳への刺激が強いため、ぼんやりしていた脳が目覚めるきっかけになります。その後の勉強にもスムーズに入れるはずです。

もちろん、同様のことは毎食後など、集中力が低下した時間帯にもいえます。勉強を始める前の精神統一の一つとして、音読を取り入れてください。

 

音読は、できる場所が限られる勉強法ではありますが、手軽だし効果も大きいのです。朝起きてすぐや夜寝る前など、生活習慣のなかにうまく取り入れながら実行していってほしいと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願いいたします。 

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浪 人 生    :募集締め切りました

高校3年生(文系):定員まで残り1名です

高校3年生(理系):定員まで残り1名です

高校2年生    :定員まで残り9名です

高校1年生    :いつでも入塾できます

オプション講座  :定員まで残り6名です

中学3年生    :7月3日より入塾できます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー